インスタグラムの投稿時間、いつがベスト?海外の場合や時間指定方法、変更や調べる方法も合わせて解説!

企業アカウントを運用していて、綺麗な写真や練ったキャプション、充実したプロフィールを揃えていても、いいねやリーチが伸びないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、アカウントを確実に伸ばしていくために、インスタグラムの『投稿時間』に焦点をあてて詳しく解説します。
よりいいねが多くもらえる投稿時間帯や、ユーザーのアクティブ率が高い時間帯をチェックしていきましょう。

インスタグラムの最適な投稿時間や曜日

インスタグラムの最適な投稿時間や曜日

インスタグラム上で投稿時間が重要視されている最も大きな理由として、ユーザーのアクティブ率が関係しています。

インスタグラム上でユーザーのアクティブ率が上昇していると、投稿から短時間で写真を見てもらえる確率がアップし、結果的にアルゴリズムに評価されて多くのユーザーに投稿が届くことに繋がります。
そのため、インスタグラムアカウントでいいねやリーチ数を増やしたい場合、投稿時間にスポットを当てることが重要となってきます。

ユーザーの属性やターゲット層にもよりますが、主にアクティブが高いと言われているのは以下の3つの時間帯。

アクティブ率が高い時間帯
  • 6~9時…通勤・通学時間
  • 12~13時…ランチタイム
  • 20~22時…1日の内で最もアクティブ率が高いゴールデンタイム

わたしたちが自由に時間を使えるのは、通勤・通学中やランチタイム、帰宅して就寝するまでのまったりした時間帯などですよね。
この時間帯は社会人や学生もインスタグラムを自由に閲覧・投稿ができるため、アクティブ率が高くなる傾向にあります。

起床から就業開始・授業開始までの時間帯にあたる6~9時は、出勤・登校に伴って情報収集を行うユーザーが多くなります。
この時間帯は平日のみアクティブ率が高い傾向にあります。
ただし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でテレワークやリモートワークが普及したからか、例年に比べてアクティブ率が下がっているとも言われています。

12~13時は多くの人が昼食を食べる時間帯
休憩時間にインスタグラムを開いて投稿をチェックしたり、同僚や友人同士でおすすめの投稿やアカウントを教えあったりと、インスタグラムを閲覧するユーザーが多いです。
一方で、ゆっくりとした時間は確保できないため、フィード投稿を行うユーザーは少ない傾向にあります。
投稿目的でなく情報収集のためにインスタグラムを開いているユーザーが多いと推測されるため、企業アカウントとしては投稿のねらい目になるでしょう。

20~22時は、1日の中で最もアクティブ率が高い時間帯、いわゆる『ゴールデンタイム』です。
テレビと同じように、圧倒的にインスタグラムを閲覧しているユーザーが多くなります。
もう少し細かく見ると、特に日曜日の夜22時代が最もアクティブ率が高いようです。

上記のように投稿に適した時間がある一方で、アクティブ率が下がる傾向にある時間帯も存在します。

投稿に不向きな時間帯
  • 土日祝問わず深夜1~5時
  • 仕事や学校でスマートフォンが触れない時間帯(平日10~12時、13~17時など)

こちらで紹介した時間帯はあくまで一般的な話になります。
自社アカウントのターゲットとなるユーザーの生活を具体的にイメージし、インスタグラムを閲覧するであろう時間を予想して投稿することが大切です。

アカウントのユーザー属性で最適な投稿時間は異なる

アカウントのユーザー属性で最適な投稿時間は異なる

全体的なアクティブ時間帯は上記で解説していますが、さらに細かくアクティブ率を追求していくとユーザー属性ごとに最適な投稿時間が異なります

例えば、レシピや料理器具を発信しているアカウントのターゲットユーザーが主婦層だとします。
この場合、通常最もアクティブ率が高くなる20~22時には子どもの寝かしつけや家事、翌日の準備などでインスタグラムを見られない可能性があります。
レシピの参考に夕飯の時間帯に合わせてインスタグラムを開くことが考えられるので、子どもが幼稚園や学校に行っているランチの時間帯〜夕方16時ごろまでのアクティブ率が高くなると予想できるでしょう。

他にも、学生向けの文房具を販売している企業のアカウントであれば、学生のアクティブ率が高い20~23時ごろに投稿するとよいかもしれません。
大衆居酒屋のアカウントであれば、サラリーマンが仕事終わりに投稿を見られるように17~19時ごろに投稿するなどの対策も取れそうです。

自社アカウントの最適な投稿時間の見つけ方

自社アカウントの最適な投稿時間の見つけ方

インスタグラム全体のアクティブ率に関しては、さまざまな調査機関や企業によってリサーチされており、検索すれば情報は出てくるでしょう。
ただ自分のアカウントだけの最適な投稿時間は、誰も教えてはくれないものです。

そこで参考にしてみてほしいのが、インサイトによる調査方法です。
インサイトとはプロアカウントに切り替えることで無料で活用できる、インスタグラムの分析ツールです。

インスタのビジネスアカウント(プロアカウント)への切り替え方法や機能まとめ

インサイトでは投稿のリーチ数やいいね数など、アカウントやコンテンツ(投稿)にユーザーから反応された数やフォロワーに関する情報を、『過去7日間』または『過去30日間』に絞って確認できます。

アカウント全体に関するインサイト
  • リーチしたアカウント数
  • プロフィールへのアクセス数
  • ウェブサイトのタップ数
  • CTAボタンのタップ数
  • インプレッション数
  • 1週間の投稿数 など
コンテンツに関するインサイト
  • いいね数
  • コメント数
  • 保存数
  • インタラクション数
  • プロフィールへのアクセス数
  • リーチ数
  • インプレッション数(ホーム、ハッシュタグ、プロフィール、その他)
  • フォロー数
  • シェア数 など

ストーリーズに関するインサイト
  • インタラクション数
  • リーチ数
  • インプレッション数
  • 返信数
  • ストーリーからの移動回数
  • プロフィールの表示数
  • シェア数 など
フォロワー(オーディエンス)に関するインサイト
  • フォロワーの増減
  • フォロワーの所在地(市区町村/国)
  • 年齢層(すべて/男性/女性)
  • 性別
  • フォロワーアクティビティ(時間/曜日)

適切な投稿時間を知りたいときに注目して見ていきたいのは、フォロワーに関するインサイトです。

自社アカウントのフォロワーがインスタグラムを利用している曜日や時間帯が棒グラフで表示されるため、アクティブ率の高い時間帯を把握できます。

フォロワーに関するインサイトを参考にするほか、投稿時間以外の条件(写真の雰囲気やキャプションの文量など)を変えずに曜日や時間が異なる投稿を繰り返すことで、徐々に適切な投稿時間を求めていく方法もあります。
投稿のインサイトを見比べて、ユーザーの反応率が高い時間帯が調べましょう。

海外のインスタグラムのベストな時間帯は?

海外のインスタグラムのベストな時間帯は?

日本でインスタグラムのアクティブ率が上がる時間があるように、海外でもユーザーの反応がよい時間帯が存在します。

それぞれの国の時差やインスタグラムの普及率によって異なります。
いくつかの国を例に紹介するので、下記を参考にしてみてください。

  • アメリカ(時差13時間)

インスタグラムの利用者数は1億7,000万人以上に上り、国内での普及率は50%ほどのアメリカ。

日本との時差が13時間あるので、アメリカでの通勤通学時間帯は日本時間の20〜22時ごろ、ランチタイムは日本時間1〜2時、ゴールデンタイムは日本時間10〜12時に該当します。

  • ブラジル(時差12時間)

ブラジル内でのインスタグラムユーザー数は7,000万人を超えています。
ブラジルのユーザーに狙いを定めてアカウント運営を行う場合は、日本との時差がピッタリ12時間なので、昼夜逆転するだけでOKです。

  • インド(時差3時間半)

インスタグラムの普及率は5%ほどでありながら、ユーザーは6,900万人もいます。
国内人口が多いため普及率だけに焦点を当てると少なく感じられますが、日本よりも多くのユーザーがインスタグラムを利用しているのがインドです。

日本とは3時間半の時差が生じているので、朝の時間帯が日本時間の3〜6時、ランチタイムが8〜9時、夕食後のゴールデンタイムが18〜20時となります。

  • イギリス(時差8時間)

ユーザー数は日本よりも少ない2,700万人ですが、普及率を見ると40%と高い数値です。

日本とは8時間の時差があるので、イギリスの通勤時間帯が日本時間の23〜1時、ランチタイムが日本での20〜21時、ゴールデンタイムが5〜7時となっています。

インスタグラムの投稿を時間指定して予約する方法

まとめ

冒頭からここまで、ベストな投稿時間について解説してきましたが、「その時間はちょっと手が離せない」なんてこともあるかもしれません。

そんな時に活用していただきたいのは、インスタグラムのツールを利用して予約投稿ができるシステムです。

詳しい予約投稿の方法は、後日記事作成予定です。お楽しみに!

インスタグラムの過去投稿の投稿時間は変更できる?

インスタグラムの過去投稿の投稿時間を調べる方法

インスタグラム上では、過去に投稿したフィード・ストーリーズの時間変更は行えません。

しかし位置情報やタグ付け、キャプションやハッシュタグの変更はできます。
文章を間違えたまま投稿してしまったときや追記をしたいときは、修正が可能です。
投稿画像や動画を編集することはできません。

インスタグラムの過去投稿の投稿時間を調べる方法

基本的にインスタグラム上では過去の投稿の正確な時間は表示されません。
投稿後経過した時間に応じて『10分前』『2時間前』『3日前』『○月○日』とフィード投稿左下の表示が変化していきます。

過去の投稿時間をもとに、自社アカウントの適切な投稿時間を調べたい場合は、外部サイト『インスタの画像や動画の投稿時間を調べるツール』を活用してみてください。
投稿日時を確認したい投稿のURLを入力して、『投稿日時の確認』ボタンを押すと、投稿時間や日付のチェックが可能です。

インスタグラムの過去投稿の投稿時間を調べる方法

まとめ

国内外問わず、性別や年齢層などを考慮して、ターゲットとしたいユーザーが『自由にインスタグラムを閲覧できる時間』が最も投稿が伸びる時間帯となります。

ゴールデンタイムや朝の通勤・通学時間帯、ランチタイムなどを考慮して、自社アカウントの投稿が1番ユーザーに届きやすい時間帯を探してみてください。

仮説検証や投稿分析を外部に依頼したい場合は、インスタグラム運用代行会社に相談してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です