インスタのUGC活用メリットや企業事例5選!活用方法やUGCを集めるコツも解説

現代のマーケティングにおける新しい購買行動モデル『ULSSAS』の起点となる『UGC(=ユーザー投稿コンテンツ)』。
SNS時代においては、いかにUGCを促し、そしてそれを活用するかがポイントとなってきます。

今回は、インスタグラムでのUGCの重要性や活用方法、UGCをリポストで活用している企業アカウントの事例、UGCを促すポイントについてお伝えします。

インスタグラムにおけるUGCの重要性

UGC(User Generated Content)とは、企業や商品との利害関係のない一般ユーザーによって作られたコンテンツのことです。

一般ユーザーが自ら商品やサービスを利用し、その様子や感想を投稿することで、そのユーザーをフォローしている一般ユーザーに自然な形でリーチできます。

UGC活用による企業のメリット
  • UGCに反応したりリポストしたりすることで親近感を与えられる
  • 活用の過程でユーザーとのコミュニケーションが生まれる
  • 広告感のない自然な投稿であるUGCは抵抗なく受け入れてもらえる
  • 企画やクリエイティブ制作にかかる運用コスト(制作費・人件費・時間など)を抑えられる
  • 投稿の量を確保できる

UGCをきっかけとして企業や商品・サービスを知ってもらえるだけでなく、企業やその商品・サービスに対するリアルなユーザーボイスを集めることができます。

さらに、UGCにコメントする・リポストするなどして活用することで、ユーザーに好感を持ってもらえたり、運用に役立てることも可能です。

UGCの活用方法

UGCは、閲覧するだけでなく、企業アカウントで活用することをおすすめします。

UGC活用の例
  • フィード投稿にリポストする
  • ストーリーズでシェアする
  • ECやLP、ホームページなどに掲載する
  • UGCにコメントし、コミュニケーションをとる

活用する際は、リポスト・シェア・掲載の許可を取り、活用へのお礼コメントを送ったりキャプションに入れ込むようにしましょう。
また、リポストであることを示すために#repost、#regramなどのハッシュタグを入れたり、投稿者のアカウントをタグ付け・メンションしたりといった配慮も必要です。

なお、リポスト(インスタグラムで他の人の投稿を自分のアカウントでシェアすること)のやり方などについては下記の記事をご覧ください。

インスタグラムのリポストとは?メリットや手順、注意点や出来ない時の対処法を解説

インスタでUGCを活用している企業アカウント事例5つ

今や多くの企業アカウントでUGCが活用されています。
ここからは、UGCを活用している先輩企業の中から5社をピックアップして紹介していきます。
ぜひ運用の参考にしてみてくださいね。

H.I.S.|インスタフィードや各メディアでUGCを紹介

旅行代理店H.I.S.(エイチアイエス)公式アカウントでは、自社コンテンツとUGCを併用したフィード投稿が行われています。
季節やイベントごとにオリジナルのハッシュタグが用意されて、プロフィールで公開されます。

例えば2020年12月18日時店では、上記画像のようなハッシュタグ(『#イルミネーションのセカイ』『#lw12月の旅』)が用意されています。

ハッシュタグが付けられた投稿の中から選ばれたUGCがインスタグラムやHISの各SNS・メディアで紹介される仕組みです。
インスタグラムでは、キャプションでのメンションとタグ付けによってUGCの投稿ユーザーが明記されています。

永谷園|自社商品を使ったアレンジレシピをリポスト

お茶づけの素などを販売している食品メーカー永谷園の公式アカウントでは、自社コンテンツに加え、『#永谷園レシピ』というハッシュタグのついた投稿をフィード投稿(リポスト)しています。
オリジナルハッシュタグを活用し、永谷園製品を使った献立・レシピを収集して投稿に活かしているようです。

『#永谷園レシピ』で投稿されているのは商品のパッケージや置き画などの写真投稿ではなく、ユーザーならではのアレンジ料理が多く投稿されています。
永谷園から発信している使用方法以上に商品の魅力を伝えられるため、「このレシピで作ってみたい!」と他のユーザーに思わせることができ、購買意欲の増加に繋がるでしょう。

投稿のキャプション内にて、どのユーザーが作成したかメンションで明記されています。

youange|雛形を用意してユーザーが投稿しやすい仕組み作り

ゆうこす(菅本裕子さん)プロデュースのスキンケアブランドyouange(ユアンジュ)の公式アカウントでは、UGCをストーリーズ・ハイライトでシェアしています。

スキンケア系の商品は消費者のレビューが重要になります。
UGCが購買の決め手となることもあるでしょう。
そこでyouangeでは、レビュー投稿をする際に使用できるテンプレート(レビューシート)を作り、ストーリーズ+ハイライトで提供しています。

またレビューシートを使用したりタグ付けしたりして投稿されたUGCは、ストーリーズで紹介され、ハイライトでまとめられる仕組みです。

フィード投稿の統一感・世界観を崩さずにUGCを活用している良い事例ですね。

アカチャンホンポ|丁寧なコメントでハートフルなインスタ運用

ベビー用品やマタニティ用品のチェーン店を運営しているアカチャンホンポの公式アカウントは、ほぼすべてのフィード投稿がリポストで構成されています。
プロフィールに記載してあるオリジナルハッシュタグ『#スマイル育児』を付けて投稿された写真・動画がリポスト対象です。

単にリポストするだけでなく、各投稿に丁寧なキャプションや投稿に合わせたハッシュタグが記入されており、ユーザーから好評です。
インスタグラムでのリポスト以外にも、ホームページへの掲載や店頭で放映する動画への出演など、さまざまな方法でUGCを活用しています。

GU|

アパレルブランドGU(ジーユー)の公式アカウントのひとつ、@gu_for_all_では、ユーザーが投稿したコーディネート写真をリポストし、商品紹介に活かしています。
アカウントのタグ付け+商品名のハッシュタグが付けられたUGCがピックアップされ、リポストされる仕組みです。

一般ユーザーが着用したコーディネート写真を見せることで、モデルが着用した写真よりも実際の着用イメージを沸かせやすい効果があります。

また、コーディネートの中で使用されているアイテム名や値段、品番をキャプションで紹介することで、購買につなげています。

インスタグラムでUGCを集める4つの施策

最後に、インスタグラムでユーザーに自発的な投稿をしてもらうコツをお伝えします。

インスタグラムでUGCを集める施策
  • リポスト専用ハッシュタグを作る
  • UGCと連動したキャンペーンを実施する
  • シェアしたくなるような体験を提供する
  • リポスト専用アカウントを作成する

以下、それぞれ説明します。

リポスト専用ハッシュタグを作る

リポスト専用のオリジナルハッシュタグを設け、「このハッシュタグを付けて投稿してくれたら、公式アカウントでピックアップするかも!」とプロフィールや投稿のキャプションに載せておく方法があります。
この方法がUGC創造に効果がある理由は、企業アカウント・公式アカウントで取り上げられることを好むユーザーが多いからです(自己顕示欲・承認欲求・貢献感などを満たすことができるため)。

▼リポストハッシュタグの例

また、季節限定でリポストハッシュタグを作成し、UGCを募っている企業もあります。

オリジナルハッシュタグの作り方
  • 自社ブランドを文字ったりアレンジしてみる
  • 『#〜活』や『#〜部』などコミュニティ感のあるネーミングにする
  • 期間限定を感じさせるネーミングにする

UGCと連動したキャンペーンを実施する

キャンペーン専用のオリジナルハッシュタグを用意し、そのハッシュタグを付けて投稿をしてもらう施策です。
1つ目のコツに似ていますが、その中からよかった投稿を企業アカウントが選び、景品プレゼントなどの得点を提供する施策になります。

▼UGC連動キャンペーンの例

また、UGCを活用したい場合は、オリジナルハッシュタグを付けられた投稿はリポストへ合意しているとみなす規約を設けておくと、許可なしでリポストしたとしても問題が起こりにくいでしょう。

シェアしたくなるような体験を提供する

ユーザーが自ら写真を撮り、投稿したくなる理由を作ってあげる方法もあります。

例えば、使用することで変化がありビフォーアフターを「見て!すごくない?」とシェアしたくなるような商品(美顔器、まつ毛美容液など)や、インスタ映えする食べ物や場所などを提供している企業・店舗におすすめの施策です。

商品・サービスのクオリティを高める、つい写真を取りたくなるような空間を設計することがポイントとなります。

▼この施策によるUGCの例

リポスト専用アカウントを作成する

UGCをリポストするなどして活用したいけれども、「フィード投稿を崩したくない」「統一感がなくなるのでは」「ブランドイメージと異なる投稿はしにくい」などの懸念をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合は、リポスト専用のアカウントを作り、UGCを創造する方法がおすすめです。
運用のコストやリソースは追加でかかってしまいますが、公式アカウントと差別化をし、ブランドイメージを保ってUGCの活用やユーザーとのコミュニケーションを行えますよ。

▼リポスト専用アカウントの例

まとめ

今回は、インスタグラムで自社製品やサービスに関するユーザー投稿コンテンツ(UGC)の有用性や他社事例、UGCを増やす施策について紹介しました。

より多くのユーザーに認知させ、ユーザーとコミュニケーションを取っていくためにも、ぜひ積極的にUGCの創造促進や活用に取り組んでみてくださいね。

インスタグラム運用にお困りの方は、運用代行会社に相談されることをおすすめします。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です