インスタでタグ付けされたらどうなる?表示場所や通知、反映されない原因、活用方法などを解説

インスタグラムには、投稿画像に写っている人物やアイテムのアカウントに遷移させる『タグ付け』という機能があります。

設定を細かく行っていない限り、自分も他のユーザーもタグ付けすることができますが、実際にタグ付けされた時にはどのような対応をすればいいかご存知でしょうか。

本記事では、タグ付けによる通知の有無や表示される場所、タグ付けが反映されない場合の対処法や企業の活用方法などを解説します。

インスタグラムのタグ付けとは?ハッシュタグとの違いや数の上限、やり方、出来ない時の対処法などを解説

インスタグラムでタグ付けされたらどうなる?

インスタグラムで、誰かの投稿に自身のアカウントがタグ付けがされると、次のような影響があります。

  • 通知が届く
  • プロフィールのタグ付けタブに表示される(フィード投稿の場合)
  • DM通知からストーリーズに追加できる(ストーリーズの場合)

以下、それぞれ詳しく解説します。

通知が届く

自分のアカウントがタグ付けされると、その旨を知らせる通知がスマートフォンのロック画面通知やポップアップ通知で届きます。

またインスタグラムアプリのアクティビティ欄(ホーム画面右上のハートボタン)にも表示されます。

通知が届く
通知例

ただし、あらかじめ設定を行っている場合は、通知が来ない場合もあります。

設定から通知のオンオフを個別に設定行えます。

1.『設定』>『お知らせ』>『投稿、ストーリーズ、コメント』>『あなたが写っている写真』をタップ
2.『オフ』『フォロー中』『全員』の中から通知の種類を選べるようになります。

フィード投稿の場合:プロフィールのタグ付けタブに表示される

タグ付けがされた時、フィード投稿の場合は自身のプロフィール画面に表示されます。

プロフィール画面に表示されている人型のマークをタップすると、自分がタグづけされている投稿が一覧で閲覧できます。

フィード投稿の場合:プロフィールのタグ付けタブに表示される
自分がタグ付けされている写真が写っている場所

インスタのタグ付けを制限・手動で承認する方法は?設定や非表示・削除のやり方まとめ【スパム対策にも】

ストーリーズの場合:DM通知→ストーリーズに追加できる

ストーリーズの場合は、タグ付け機能は『メンション』と呼ばれています。

相手からメンションされた場合は、ダイレクトメッセージ機能で『ストーリーズであなたをメンションしました』という通知が届きます。

ストーリーズの場合:DM通知→ストーリーズに追加できる
メンションを知らせる通知の画面

メンションする側は、ストーリーズ投稿の画面で『Aa』をタップし、『@』を入力してから相手のユーザーネームを入力するとメンションが可能です。

また、ストーリーズ編集画面右上にあるアイコンのうち、右から3番目の顔文字のアイコンをタップすると、『メンション』と書かれたスタンプが登場します。

そのスタンプをタップして、メンションしたい相手のユーザーネームを入力するとメンションが完了します。

Instagramのユーザーネームとは?名前との違いや変更方法、エラーの対処法などを解説

非公開アカウントの場合:フォロワーにのみ表示

自分がアカウントを非公開設定にしている場合、タグ付けされたからといって不特定多数の人に自分のアカウント詳細が公開されるわけではありません。

アカウントを非公開設定にしている鍵付きアカウントの場合、もし誰かからタグ付けされると、タグ自体(黒い吹き出し+ユーザーネーム)は相手のフォロワーやその他ユーザーに見られるようになっています。
しかし、実際にプロフィールに飛ぶと投稿内容は見れない状態になっているため、安心してください。

もし自分が承認しているフォロワーが相手のタグ付け投稿からジャンプしてきた場合は、投稿閲覧は可能となります。

タグ付けされた投稿は検索できる?

現在のインスタグラムでは、タグ付けで設定された投稿を検索する機能はありません。

ただし、アカウントごとに、タグ付けされた投稿を探すことは簡単に行えます。

1.タグ付けされた投稿を見たいアカウントのプロフィールページを開き、プロフィール画面の『タグ付けアイコン(人型のマーク)』をタップします。

2.フィード投稿が並んでいる画面から、そのアカウントがタグ付けされている写真の一覧に画面が切り替わります。
この画面で、タグ付けされている写真を一覧で確認可能です。

特定の人物やブランドがどのような写真でタグ付けされているのか、確認することが可能です。

「タグ付けされたコンテンツ」が表示・反映されない理由

通常、投稿の編集画面にて、タグ付けは相手のユーザーネームを入力することで簡単に行えます。

しかし中には、アカウントごとの設定や入力ミスなどにより、タグ付けが行えない場合もあります。

タグ付けが反映されない8つの理由
  1. タグ付けするユーザーネームを間違えて入力している
  2. タグ付けしているアカウント数が上限を超えている
  3. 相手がタグ付けを禁止している
  4. 相手がタグ付けを承認制にしている
  5. 相手からブロックされている
  6. 相手のアカウントが削除されている
  7. 通信環境が悪くて反映されない
  8. インスタグラム側で何らかのトラブルが発生している

①と②が原因の場合は正しいユーザーネームを入力したり、タグ付けするアカウントの数を20までに調整すると正しくタグ付けが行えます。

③〜⑥の場合は、相手側にタグ付けできない原因があるため、基本的にはタグ付けはできないままです。
ただし④が原因の場合、相手に承認をもらうことで、通常通りタグ付けを行うことが可能です。

⑦の場合、まずは電波の良い場所に移動して再度タグ付けを行ってみましょう。

⑧の場合は、他のユーザーも同じように投稿やタグ付けが行えない状態である可能性が高いです。
スマホやアプリの再起動をしても改善されない場合は、トラブルが収束するまで待機しましょう。

企業におけるインスタグラムのタグ付けの活用方法

企業におけるインスタグラムのタグ付けの活用方法

最後に、企業アカウントを運営している場合のタグ付け活用方法や、一般ユーザーにタグ付けされた時の対応を解説します。

タグ付けしてもらってアカウントを拡散

企業アカウントで最も多い活用方法は、フォロワーやユーザーに自社のアカウントをタグ付けしてもらってアカウントを拡散してもらうことです。

たとえば、インスタグラムのキャンペーンの中には、以下のような文言が入っているものがあります。

  • 該当商品を購入し、投稿→タグ付けしてくれた人の中から抽選で○名さまにプレゼント
  • このアカウントをフォロー&タグ付けして店員に見せるとその場でお会計から5%割引

これは、タグ付けによってそのユーザーのフォロワーなどにシェア・拡散してもらい、アカウントの認知を広めることが目的です。

また、「タグ付けしてくれた投稿をリポストで紹介します」などのアカウント運用を行っている企業もあります。
プロフィールの自己紹介文でタグ付けを促す方法も効果的です。

タグ付けしてもらってアカウントを拡散

インスタグラムのリポストとは?メリットや手順、注意点や出来ない時の対処法を解説

タグ付けされたらお礼

フィード投稿のタグ付け、ストーリーズのメンションともに、アカウントが紐付けされると通知が届きます。

その際にいいねやフォローと同じように扱うのではなく、投稿やストーリーズにお礼のメッセージを送ると、よりユーザーとの距離感を近づけるきっかけとなります。

『タグ付けされたらお礼を言わなければいけない』というルールはありませんが、お礼を言うと好印象なアカウントとして認識されるでしょう。
ユーザーとコミュニケーションを取りたい時にうってつけの活用方法です。

また、ユーザー投稿(UGC)を促し、再度タグ付けしてもらえる可能性もあります。

インスタのUGC活用メリットや企業事例5選!活用方法やUGCを集めるコツも解説

タグ付けしてもらった投稿をリポスト・シェア

タグ付けのお礼の意味も込めて、タグ付けしてもらった投稿をリポスト・シェアするケースも多く見受けられます。

タグ付けしてもらった投稿をリポスト・シェア
タグ付けされたフィード投稿をストーリーズへシェアする例(@yuki_nochi

シェアすることで、そのユーザーのアカウントへの流入増加にもつながるため、喜んでもらえることが多いです。
ユーザーとのコミュニケーションにもつながります。

他ユーザーのタグ付けで投稿の情報量アップ

フォローしてくれているユーザーにより有効な情報を届けるために、他ユーザーをタグ付けする手段もあります。

たとえば、コーディネートであればトップスやインナー、バッグ、アクセサリーなど、投稿画像に写っている各アイテムのブランドアカウントをタグ付けすることで、個別にブランドの紹介が可能です。

コーディネート投稿のタグ付け例(@yuki_nochi

他にもリポストメディアであれば、引用元のアカウントをタグ付けするなど、ユーザーに分かりやすく情報を届けるためにタグ付けが活用されています。

タグ付けを活用してキャンペーン施策

アカウントによっては、タグ付け機能を利用してキャンペーン施策を行なっている企業もあります。

「フォローとタグ付けをしてくれたユーザーの中から抽選でプレゼント」といったキャンペーン施策をする際に、有効的な手段です。

【インスタグラムのキャンペーン事例4選】禁止・注意事項に関する規約についても解説

まとめ

インスタグラムでタグ付けをされると、フィード投稿・ストーリーズともに通知が届きます。

ルールではありませんが、よりユーザーとの仲を深めたい場合やコミュニケーションの一環としてお礼コメントや、リポスト・シェアを行うと良い印象を持ってもらえるケースが多いです。
また、投稿画像に写っている人物やアイテムを紹介する手段としても、タグ付けを活用できます。

今回の記事を参考に、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です