インスタグラムの下書き保存の方法とは?下書きが出来ない・消える理由や対処法も解説

インスタグラムの投稿を作成している途中で、キャプションに悩んでしまったり、用事が入ってしまうことがあります。
そのような時は投稿作業を中断する必要がありますが、「投稿画面を閉じてしまったら今までの作業した分が消えてしまうのでは?」と不安になってしまう人もいるかもしれません。
また、作成後すぐにアップするのではなく、「後日公開したい」ということもあるでしょう。

そのような場合に利用したいのが、インスタグラムの下書き機能です。

本記事ではインスタグラムの下書き保存方法や、下書きができない理由、消えてしまう理由などを解説します。

インスタグラムのフィード投稿の下書き保存手順

下書きの手順は次の通りです。

1.通常通りフィード投稿を行う手順でホーム画面の『+アイコン』をタップして、投稿したい画像をセレクトします。

インスタグラムのフィード投稿の下書き保存手順–1
プラスアイコンの画面

画像を選択すると任意の加工画面になるので、必要があればフィルターをかけたり加工を施していきましょう。

2.画像の編集が完了したら、右上にある『次へ』アイコンをタップします。

インスタグラムのフィード投稿の下書き保存手順-2
フィード投稿で画像を選択した画面

『次へ』を押すとキャプションの入力画面に切り替わり、この時点で下書きはいつでもできる状態になっています。

3.キャプションの入力やタグ付け設定、位置情報の追加など、行いたい作業を終えたら、下書きの保存をします。

保存する場合は、左上の左向き矢印(戻るボタン)をタップし、次のページでも続けて左向き矢印をタップします。

インスタグラムのフィード投稿の下書き保存手順-3
左矢印が出てくる画面

4.上記のようなポップアップ画面が出てくるので、『下書きを保存』をタップすれば下書きの保存完了です。

インスタグラムのフィード投稿の下書き保存手順-4
下書きが保存できる画面

画像・動画に関わらずフィード投稿で下書きをする場合は、『編集途中の状態』であることが必要です。

画像の編集『途中』であったり、キャプションの入力『途中』であったりと、なにか保存すべき作業を行った場合にのみ、下書き機能が使用できます。

インスタの下書きは何個まで保存できる?

上記のようなインスタグラムの下書き保存は、最大10個まで保存しておくことができます。

10個以上の下書き保存は行えないので、ストックを作りすぎず、なるべく早く消費していくようにすると良いでしょう。

フィード投稿の下書きはどこ?公開・再編集する方法

保存された下書きは、フィード投稿を投稿する手順の途中で選択できるようになっています。

1.下書きを再編集・公開したい場合は、通常通りフィード投稿を行う『+アイコン』をタップします。

インスタグラムの投稿方法は?複数投稿やタグ付け、加工など機能と合わせて解説

2.自分のカメラロールが出て写真・動画を選択する画面に遷移しますが、その一番上に下書き保存したフィード投稿が出てきます。
『下書き』という枠組みで保存されているので、編集・投稿する場合は画像をタップします。

フィード投稿の下書きはどこ?公開・再編集する方法-1
下書きが保存されている画面

3.画像の任意加工画面がスキップされて、キャプション入力画面に移ります。
右上の『シェア』をタップすると、下書きを公開することができます。

もし画像の加工を再度見直したい場合は、左上にある『左向き矢印』をタップして、加工を上書き保存できます。

フィード投稿の下書きはどこ?公開・再編集する方法-2
左矢印が表示されている画面

キャプション入力やタグ付けを編集をする場合も同様に、再度下書きを保存することができます。

フィード投稿の下書きを削除するには?

前述しているように、下書きは最大10個までしか保存しておくことができません。

「下書きを作ったはいいもののこれは投稿しないな」「下書き保存していることを忘れてて、新規でフィード投稿をしてしまった」という場合は、次の手順で保存済みの下書きを削除しましょう。

1.『+アイコン』をタップして、下書きの一覧が表示されている画面に移動します。

フィード投稿の下書きを削除するには?-1
下書きが表示されている画面

2.上記画像赤枠『下書き』の右側にある『管理』をタップします。

3.画面が切り替わり、右上に『編集』の文字が出てきます。

フィード投稿の下書きを削除するには?-2
下書き削除ができる画面

『編集』を押してから削除したい投稿をタップすると青いチェックマークが付き、この状態で画面下部にある『投稿を破棄する』ボタンをタップすると削除が行えます。

フィード投稿の下書きを削除するには?-3
投稿を破棄する画面

フィード投稿の下書きに写真・動画を追加できる?

既に保存されている下書きに、新たに動画や画像を追加することは可能です。

ただし最初に保存した下書きで画像または動画を複数枚選択している場合に限るため、あらかじめ画像を数枚タップしておく必要があります。

ちなみにピックアップした複数枚の画像は、下書きに保存した後も追加or削除できます。
画像を増減する可能性がある場合は、はじめから複数枚選択しておくとよいでしょう。

1.前述した手順に沿って下書きを開き、キャプションが入力できる画面を開きます。

2.右側に表示されている画像の下にある『編集』をタップします。

フィード投稿の下書きに写真・動画を追加できる?-1
画像を追加する画面

3.『編集』の文字をタップすると、画像の任意加工画面になります。
画像が横並びになっている画面で、一番右側までスクロールすると大きな+マークが登場します。

フィード投稿の下書きに写真・動画を追加できる?-2
画像の追加画面

4.+マークをタップすると画像の選択画面にジャンプするので、好きな画像や動画を選択すれば完了です。

インスタグラムのストーリーズは下書き保存できない?

フィード投稿よりもメジャーな機能になってきているストーリーズでは、下書き保存機能は存在しません。

その代わり、投稿前にストーリーズをカメラロールに保存することはできます

加工や文字入力が一通り終わったら保存しておいて、次回はそのストーリーズをカメラロールから選択して加工・シェアすると良いでしょう。

インスタのストーリーズの投稿や加工方法は?機能や動画の長さも解説

インスタグラムのIGTVやリールの下書き保存手順

  • IGTVの下書き保存をする場合

1.ホーム画面左上にある『+アイコン』をタップしてIGTVを選択します。

2.投稿したい動画の選択後、動画の確認やカバー画像の選択をします。

3.タイトルや詳細を入力する画面に遷移後、画面下部の『下書きとして保存』をタップすればOKです。

インスタグラムのIGTVとは?長さ・サイズや表示場所、投稿方法や動画制作のポイントを解説

  • リールの下書き保存をする場合

1.ホーム画面左上にある『+アイコン』をタップしリールを選択します。

2.動画を撮影、もしくはカメラロールから選択し、右下の『シェア』ボタンをタップします。

3.フィード投稿のキャプション画面に似た画面に切り替わります。
画面下部に表示される『下書きとして保存』をタップすると下書きができます。

instagram001

インスタグラムのリールとは?ストーリーズとの違いや使い方、活用事例まとめ

IGTVやリールの下書きはどこ?公開・再編集する方法

IGTVとリールの下書きは、プロフィールページの各タブをタップすると表示されます(下記画像参照)。

IGTVやリールの下書きはどこ?公開・再編集する方法-1
リールの下書き保存画面
IGTVやリールの下書きはどこ?公開・再編集する方法-2
IGTVの下書き保存画面

上記画像で選択している再生マークのアイコンが『リール』タブで、右隣のテレビのようなアイコンが『IGTV』タブです。

このアイコンをタップすると、『下書き』と表示されたコンテンツが左端に表示されるので、タップすることで保存した下書きを呼び出して再編集・投稿できます。

IGTVやリールの下書きを削除するには?

1.下書きをタップします。

2.右上にある『選択』をタップします。

IGTVやリールの下書きを削除するには?-1
リールの下書き削除画面

3.削除したい下書きを選択します。
選択すると、下記画像のように下書きに青い数字マークが右上に付きます。

画面下部に表示される『破棄する』をタップすれば削除完了です。

IGTVやリールの下書きを削除するには?-2
下書きを破棄する画面

インスタグラムで下書き保存できない原因と対処法

下書きが保存できていない場合は、「画像の加工がされていない」かつ「キャプションが入力されていない」ことが原因であると考えられます。

前述の通り、下書きができる条件はなにかしらの編集途中であることです。

画像の加工をしていない・キャプションを入力していない状態で『戻る』ボタンをタップしても、画像を選択しただけの未編集の状態であると認識されてしまい、下書き保存の画面が現れません。

下書き保存をしておく前提であれば、簡単な対処法はキャプションを1文字でも良いので入力しておくことです。
この方法であれば画像を編集したくない、フィルターをかけたくない場合でも活用できますよ。

あるいは、『下書きを保存』のタップを忘れて画面を戻してしまったのかもしれません。
忘れないように保存しておきましょう。

インスタグラムの下書きが消える原因と対処法

インスタグラムの下書きが消えてしまう原因として、次の内容が挙げられます。

  • インスタグラムのアカウントからのログアウト
  • インスタグラムのアップデート・再インストール
  • 端末の機種変更
  • インスタグラムの端末変更(別端末からのログイン)
  • インスタグラム自体の不具合

対処法としては、ログアウト・機種変更・アップデート前に下書き自体を投稿しきってしまうことです。

アップデートが原因の場合は、知らない間にされていることもあるので、端末設定でアプリの自動更新をオフにしておくと良いでしょう。

まとめ

インスタグラムの下書き機能は、編集の途中で急用が入ってしまった時や画像を選択し直したい時、後日投稿したい時、キャプションを再考したい時などに便利な機能です。

最初は下書きの保存場所など、戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが慣れてくると便利に使いこなすことができますよ。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です