インスタライブのアーカイブとは?IGTVに残す方法や見方、消す方法などを解説

インスタライブ配信をリアルタイムで見られなかったときに、配信者がアーカイブを残してくれていると嬉しいもの。
また、配信者にとってもプロフィール画面からアーカイブを見ることができるというメリットがあります。

本記事では、インスタライブのアーカイブの保存期間やIGTVでの残し方、見方や見れない際の対処法などについて解説します。

インスタライブとは?配信手順やコラボのやり方、終了後のシェア方法などまとめ

インスタライブのアーカイブとは

インスタライブのアーカイブとは、ライブ配信の映像を保存したもののことを指します。

以前はアーカイブを保存してストーリーズで投稿することでアーカイブとして残すことが可能でしたが、現在ではストーリーズと同様に、アーカイブに自動的に保存されるようになりました。

アーカイブ見方アイキャッチ

インスタグラムのアーカイブ機能とは?見方や使い方、保存方法などを解説

インスタライブアーカイブの保存場所・保存期間

インスタライブのアーカイブは、ストーリーズと同じような形で、配信終了後に自動でアーカイブ保存されます。
アーカイブに保存される期間は、ライブ配信終了後から30日間です。

アーカイブを確認する手順は以下の通りです。

1. 自身のアカウントのプロフィール画面右上のハンバーガーメニューをタップし、『アーカイブ』を選択します。

インスタライブアーカイブの保存場所・保存期間-1
アーカイブ

2. 画面上部のタブをタップしてメニューを展開し、『ライブアーカイブ』を選択します。

インスタライブアーカイブの保存場所・保存期間-2
ライブアーカイブ

3. インスタライブのアーカイブが表示されます。

インスタライブアーカイブの保存場所・保存期間-3
ライブアーカイブ

インスタライブアーカイブのダウンロード・保存方法

アーカイブに保存されているライブ映像は、自身の端末に保存することが可能です。

1. 先ほどご紹介した手順でライブアーカイブを開きます。

インスタライブアーカイブのダウンロード・保存方法-1
ライブアーカイブ

2. 保存したいライブ動画をタップして開きます。

3. 右下表示されている『ダウンロード』というアイコンをタップします。

インスタライブアーカイブのダウンロード・保存方法-2
ダウンロード

これでアーカイブ動画が端末に保存されます。
きちんと保存されたかどうかは、端末のカメラロールや画像フォルダなどを確認してみてください。

インスタライブアーカイブの削除方法

不要なライブアーカイブは削除することができます。

1.先ほどご紹介したアーカイブの保存方法と同様、該当のライブ映像を選択し、右下の『削除』をタップします。

インスタライブアーカイブの削除方法-1
削除

2.削除アイコンをタップすると確認画面が表示されます。
『削除する』を選択すると、インスタライブアーカイブの削除完了です。

インスタライブアーカイブの削除方法-2
確認画面

インスタライブのアーカイブをIGTVに残す方法

インスタライブは配信を終了すると、自動的にメニューバーが表示され、動画保存や削除などの選択ができるようになっています。
そのメニューバーの中に『IGTVにシェア』という項目があるため、それを選択するとライブ配信終了後すぐにIGTVにシェアすることが可能です。

インスタライブのアーカイブをIGTVに残す方法
ライブ配信終了後の画面

このあとは、IGTVのカバー画像やタイトル、キャプションなどを設定する画面に移ります。
※詳しい手順は次セクションの手順3以降をご参照ください。

なお、インスタライブの配信を終了した時点でIGTVに残さなかった場合でも、あとからシェアをすることが可能です。

後日IGTVへシェアする方法

インスタライブ配信後30日間であれば、動画は自動的にアーカイブに残っています。
アーカイブから該当のライブ映像を開き、IGTVにシェアすることができます。

1. 先ほどまでと同じ手順でライブアーカイブを開きます。

2. IGTVにシェアしたい動画を選択し、右下にある『シェア』のアイコンをタップします。

後日IGTVへシェアする方法-1
シェア

3. IGTVに投稿するための設定画面に移ります。
まずはカバー画像の選択です。
ライブ映像の一部分を切り取ってカバーにすることもできますし、下の『カメラロールから追加』から、デバイスに保存されている画像をカバーとして設定することもできます。

後日IGTVへシェアする方法-2
設定画面

4. カバー画像を選んで次に進むと、IGTVのタイトルとキャプションを入力します。
キャプションは最大で2200字まで入力できます。
また、『プレビューを投稿』をオンにするとフィード投稿の欄にIGTV投稿を表示させるかどうかを選ぶことも可能です。

後日IGTVへシェアする方法-3
タイトルとキャプション

5. 右上の『投稿』をタップすると、IGTVへの投稿が完了します。
投稿された動画は、プロフィール画面のIGTVタブから確認することが可能です。

後日IGTVへシェアする方法-4
プロフィール画面のIGTV

IGTVにシェアしたインスタライブを消す方法

IGTVにシェアしたインスタライブは、削除することも可能です。

1. プロフィール画面のIGTVタブから、削除したいIGTV動画を開きます。

2. 左下に並んでいるアイコンの1番右端にある『…』をタップします。

IGTVにシェアしたインスタライブを消す方法-1
『…』ボタン

3. 表示されるメニューから『削除』を選択します。

IGTVにシェアしたインスタライブを消す方法-2
削除

4. 確認画面が表示されたら、『削除する』をタップすれば削除完了です。

IGTVにシェアしたインスタライブを消す方法-3
確認画面

きちんと削除されたかどうかは、自身のアカウントのプロフィール画面のIGTV欄から確認してみてください。

アーカイブではコメント等が表示されない

インスタライブの配信中は、設定をオンにしているとコメントが画面上に表示されていますが、アーカイブされた動画上ではコメントが表示されなくなります。

動画自体は見やすくなりますが、コメント機能を利用してコミュニケーションをとっている場合には、会話の内容がわかりにくくなる恐れもあるため、注意が必要です。

投稿できるライブ動画の長さには上限がある

インスタライブの配信時間は最大4時間までですが、IGTVにアップすることができる動画の長さは 、モバイルデバイスで1分〜15分、PCでは1分〜60分です。
どうしてもそれ以上の動画を投稿したい場合は、時間ごとに区切って投稿しなければなりません。

重要なところだけを切り取ったり、長さをうまく編集して投稿するようにしましょう。

PC版インスタグラムはアーカイブ機能非対応です。
PCから投稿したい場合は、一度ライブ映像をPCに保存してから動画をアップロードする必要があります。

他人のインスタライブアーカイブの見方

ライブ配信者がアーカイブをシェアしてくれていた場合、プロフィール画面のIGTVタブから過去のライブ動画を探し、見ることができます。

他人のインスタライブアーカイブの見方-1
桐谷美玲のプロフィール画面(@mirei_kiritani_)

1. 動画を見たいアカウントのプロフィール画面を開きます。

2. IGTVのアイコンをタップします。

他人のインスタライブアーカイブの見方-2
IGTV

3. 動画が一覧で表示されるため、見たいものを選びます。

早送り・巻き戻しも可能

以前は15秒単位での早送り、巻き戻しが可能でしたが、残念ながら現在はその機能はなくなってしまいました。

しかし、動画のシークバーを調節して動かすことで、自分が見たい場面に飛ぶことができます。
動かした位置のプレビューが小さく表示されるため、見たい部分の秒数がわからなくても画像で判断することが可能です。

シークバーの調整(@mirei_kiritani_)

アーカイブを視聴すると足跡が残る?

以前はストーリーズでアーカイブをシェアする仕様だったため、アーカイブを視聴したことが投稿者にわかる仕組みになっていました。

インスタのストーリーズの投稿や加工方法は?機能や動画の長さも解説

現在ではアーカイブを公開する方法がIGTVへと変更され、アーカイブを視聴しても足跡は残らなくなっています
相手に見たことをバレたくない場合でも、安心して視聴することが可能です。

インスタライブのアーカイブが見られない場合の対処法

インスタライブのアーカイブが見られない場合は、配信後から何日経っているかを確認してみてください。
先述のとおりライブアーカイブは30日が経過すると自動的に削除されます。
消えてしまったアーカイブは復元することはできません
削除されて困るライブ動画は、端末に保存しておくようにしましょう。

また、30日経っていないのに見られない場合は、アプリの不具合なども考えられます。
一度アプリを終了したり、再度ログインするなど、時間を置いてから試してみてください。

まとめ

今回は、インスタライブのアーカイブ・IGTVについて解説しました。

インスタライブのアーカイブを残しておくと、リアルタイムで視聴することができなかった人にも配信を見てもらうことができ、企業にとってもメリットがあります。
配信を終了したら動画の保存を忘れずに、IGTVに残してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です