インスタグラムのリポストとは?メリットや手順、注意点や出来ない時の対処法を解説

他の人のインスタグラムの投稿を、自分のアカウントでシェアしたいと思ったことはありませんか?
インスタグラムの投稿のシェア(=リポスト)は、自分の好きな人や物をフォロワーに広めたり、自社製品のPRに繋がる投稿をピックアップしたりすることができ、個人アカウントと企業アカウント両方にメリットのあることです。

この記事ではインスタグラムの投稿の『リポスト』の意味やメリット、リポストの方法や注意点、問題が発生したときの対処法などをご紹介します。

インスタグラムの『リポスト(リグラム)』とは

インスタグラムの『リポスト(リグラムとも呼ばれる)』とは、Twitterでいうリツイートのようなことで、他人の投稿を自分の投稿として再投稿する機能です。

リポストの方法として、ストーリーズに投稿する方法と、フィードに投稿する方法の2種類があります。

リポストのメリット

リポストをすると、自分自身で投稿をしなくても投稿数をある程度維持することができます。

企業アカウントの場合、自社製品に関する投稿をリポストすることで、投稿元のユーザーとのコミュニケーションを図ることができ、また実際の声を発信することができるので、企業イメージのアップにも繋がります。

また、企業アカウントに取り上げてもらうことで喜んでくれるユーザーも多いです。

インスタグラムのフィード投稿のリポスト手順

インスタグラムのフィード投稿(通常投稿)をリポストする方法は、主に以下2つです。

  1. 公式アプリを使う:ストーリーズへのリポスト投稿
  2. リポストアプリを使う:フィードまたはストーリーズへのリポスト投稿

それぞれの手順をご紹介します。

リポスト方法①公式アプリを使う場合

インスタグラムの公式アプリでは、2020年11月現在フィード投稿を自身のフィードに再投稿(リポスト)することはできません。
ただし、ストーリーズ(24時間だけ投稿できるインスタグラムの機能)を使用すれば、リポストが可能です。

まず、リポストしたい投稿を開きます。
写真の左下に3つのアイコンが並んでおり、それぞれ左から以下を意味するボタンです。

  • ハートマーク:いいねを押すボタン
  • 吹き出しマーク:コメントをつけるボタン
  • 紙飛行機マーク:ストーリーズまたはDMでシェアするためのボタン
リポスト方法①公式アプリを使う場合−1
紙飛行機アイコンの位置

紙飛行機マークのアイコンをタップすると、1番上に『ストーリーズに投稿を追加(ADD Post to Your Story)』という文章が出ます。

リポスト方法①公式アプリを使う場合-2
ストーリーズに投稿を追加

これをタップすると、以下のようにストーリーズ投稿の編集画面に移ります。

リポスト方法①公式アプリを使う場合-3
ストーリーに投稿

右上のアイコンから文字入力やスタンプ追加の機能を利用して、ストーリーズの編集を完成させてください。

完成したら、1番左下にある『ストーリーズ(Your story)』という自分のアカウントのアイコンをタップすると、ストーリーズとして投稿することができます。

閲覧者は、このストーリーズ画面をタップすると、リポストした投稿にジャンプすることができます。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合

シェアしたいフィード投稿をストーリーズではなく、自身のフィード投稿としてリポストしたい場合には、リポストアプリを使用する必要があります

いくつかのリポストアプリが存在していますが、今回はリポストに最も利用されているアプリ『Repost for Instagram』を使ったリポスト方法をご紹介します。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-1
Repost for Instagram

Repost for Instagramをダウンロードし、アプリを開くとリポスト方法が表示されるため、手順に従ってリポストをしていきます。

まず、インスタグラム公式アプリを開き、リポストしたい投稿の右上に表示される『…』ボタンをタップします。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-2
通常投稿の画面

メニューが表示されたら、その中から『リンクをコピー』をタップします。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-3
リンクをコピー

リンクをコピーしたらRepost for Instagramのアプリ画面に戻ります。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-4
Repost for Instagramの画面

すると、先ほどコピーした投稿が表示されるので、画面下部の青い『Repost』ボタンをタップします。
※この画面では、リポスト元を画像のどの部分に表示するかも好みに合わせて設定できます。
※元画像が複数投稿だった場合、画面に表示されている画像1枚のみリポストするか、全てをリポストするかを選択可能です。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-5
リポスト設定画面

インスタグラムアプリの投稿画面に遷移するので、ストーリーズでのリポストかフィード投稿でのリポスト選択します。
どちらかをタップすると、投稿の設定・編集画面に移動するので、通常どおり投稿ボタンをタップするとリポストが完了します。

リポスト方法②リポストアプリを使う場合-6
フィード投稿選択

文章を追加する場合

Repost for Instagramを使用する場合、デフォルトで元の投稿のキャプションが自動的にクリップボードにコピーされる設定になっています。
通常投稿の設定画面のキャプション欄を長押ししてペーストボタンを押すと、元の投稿のキャプションがそのまま投稿に付けられるようになっています。

もちろん、キャプション欄は通常投稿と同様に自由に追記・修正などの編集が可能なため、元のキャプションに加えて自身の感想やPRの文章などを書くこともできます。

複数枚リポストする場合

Repost for Instagramを使えば、リポスト元のすべての投稿画像が『リポスト』マーク付きでカメラロール・ライブラリに保存することができます。
インスタグラムの投稿画面に遷移したら、該当の画像を複数選択して投稿してください。

複数選択の投稿方法については、下記関連記事をご覧ください。

インスタグラムの投稿方法は?複数投稿やタグ付け、加工など機能と合わせて解説

リポストする際の注意点・マナー

リポストは、他の投稿者のポスト(投稿)を利用させてもらう行為です。
そのため、使い方を誤るとトラブルに発展しかねません。

リポストをする場合は以下の点に気をつけましょう。

投稿者の許可を得る

他の人の投稿を無断で勝手に利用することはマナー違反に当たります。
有名人や企業アカウントなどでない場合は、特に注意が必要です。

リポストをする際は、必ず投稿者にDMやコメントで掲載依頼を送り、許可を取るようにしましょう。

リポストの依頼文の例

はじめまして、突然のご連絡失礼いたします。
Instagramにて○○(自身のインスタアカウント名)を運営しております、△△と申します。
〜〜〜(自身のインスタアカウントURL)

□□様(リポストしたい投稿の投稿者)の投稿画像が素敵ですので、ぜひ○○のフィードやストーリーで紹介させていただきたくご連絡いたしました。
リポストさせていただいてもよろしいでしょうか?

お返事お待ちしております。

リポストであることやリポスト元を明記する

リポストであるのに、あたかも自分自身が作成した画像であるかのように投稿してはいけません。
キャプションやタグ付け機能を使って、その投稿がリポストであること、どこからリポストしてきた投稿かなどをきちんと明記しましょう。

元画像の編集・加工はしない

元画像は投稿者のものとして扱われるため、勝手に編集や加工をすることもNGです。
取ってきた画像や投稿は基本的に手を加えず、そのままの状態でリポストしましょう。

どうしても加工して利用したい場合は、掲載依頼の際に合わせて投稿者の確認を取るのがマナーです。

リポストができない場合の原因と対処法

リポストができない原因として、以下が考えられます。

  1. リポストしたい投稿者のアカウントがプライベートアカウント(鍵アカウント)
  2. インスタグラム公式アプリやリポストアプリに不具合や問題が発生している
  3. リポストしたい投稿がすでに削除されてしまっている

①の場合、投稿はフォロワーにしか見られないようにURLの取得ができない仕様になっているため、リポストすることができません。

②の場合は、不具合が解消されるまで待つしか方法はありません。
少し時間を置いてから、再度リポストができるかどうか試してみてください。

③の場合もリポストできません。別の投稿を探しましょう。

まとめ

今回はインスタグラムでリポストする方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
リポスト機能を利用して、投稿のバリエーションを増やしたり、投稿元のユーザーとコミュニケーションを取ってみてくださいね。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です