インスタグラムのまとめ機能(Guide)のやり方は?できない場合の対処法や活用事例も紹介

インスタグラムで使用できるまとめ機能とは、インスタグラム上でシェアされている投稿や商品を、記事のような形式で紹介できる機能です。
しかし、2020年秋にリリースされたばかりの機能なので、まだ使い慣れていない人も多いのではないでしょうか。

今回は、インスタグラムのまとめ機能の使い方や、使えない場合の対処法を伝授していきます。
企業アカウントでもうまく活用することで、ユーザーにアプローチができる機能なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

インスタの『まとめ機能(ガイド機能)』とは

インスタグラムの『まとめ機能』とは、記事やブログのように投稿や商品をまとめることができる機能です。
別名『ガイド機能』とも呼ばれており、見出し文字やテキストを入れることも可能です。

まとめ機能の下書き画面
まとめ機能の下書き画面

まとめ機能では、自分の投稿だけでなく、他人の投稿や気になっている商品などもまとめることができます。
そのため、『ほしい物リスト』を作成したり、カタログのようにまとめて商品を販売する時にも利用できます。

まとめは場所・商品・投稿の3種類

まとめ機能は、まとめるものによって場所・商品・投稿の3種類に分けて作成できます。

まとめタイプの画像
まとめタイプの画像

場所のまとめ

場所をまとめる機能は、おすすめの観光スポットや撮影スポットをチェック・紹介しておきたい時に使えます。
投稿後は右上にある『マップ』アイコンをタップすると、まとめた場所の地図が表示されます。
マップ上に投稿画像が表示されることでわかりやすい地図が自動で完成するため、特に観光の時の強い味方になりそう。

地図の写真
地図の写真

商品のまとめ

商品のまとめは、『インスタグラムショッピングタグ』がついた投稿をまとめられる機能です。
展開している自社商品をまとめたり、1つのカテゴリー内で複数のブランドを紹介したりして活用できます。

投稿のまとめ

投稿のまとめでは、自分の投稿と他人の投稿のどちらでもまとめられます。
上記2つのように位置情報やショッピングタグがついていなくても、インスタグラム上の投稿であればまとめられるため、個人でインスタグラムを利用している方でも使いやすい機能です。

まとめ機能はどこに表示される?

まとめ機能は、まとめを作成した人のプロフィール欄のまとめタブ(雑誌のようなマーク)に表示されます。

プロフィール画面のまとめタブ
プロフィール画面のまとめタブ

リール機能やIGTVも活用している場合は、タブの表示の順番が異なりますが、まとめ機能のみを使用している場合は、左からフィード投稿タブ→まとめ機能タブ→タグ付けされている投稿タブとなります。

作成できるまとめの最大数は?

まとめ自体は、合計150個まで作成できます。
まとめ1つに入れられる写真や動画の投稿数は以下のとおりです。

  • 投稿のまとめ:30投稿まで
  • 場所や商品のまとめ:5投稿まで

自分の投稿を使用されたくない場合は?

自分の投稿をまとめに利用されたくない場合は、自身のプロフィール画面から設定できます。

1.プロフィールの右上にある3本線マークをタップし、歯車マークの『設定』を選択します。

非表示設定の画面
非表示設定の画面

2.『プライバシー』設定をタップし、『まとめ機能』を選択します。

非表示設定の画面
非表示設定の画面

3.『他の人に投稿の利用を許可する』のオン/オフを切り替えれば完了です(青色の状態がオン)。

非表示設定の画面
非表示設定の画面

インスタのまとめ機能の作り方

まとめ機能を利用するときは、以下の手順で作成しましょう。

1.自身のプロフィール画面左上に表示されている『+』マークをタップします。
※右上に表示されている場合もあります。

2.『まとめ』をタップします。

3.場所・商品・投稿の中から、自分がまとめたい項目を選択します。
※ここからは、投稿を選択して説明します。

まとめ機能作成画面
まとめ機能作成画面

4.画面が切り替わると自分の過去の投稿が一覧で表示されます。
まとめたい投稿のチェックボックス(投稿プレビュー左下)にチェックを入れていきます。
※ここで他の人の投稿をまとめに使用したい場合、他人の投稿を『保存』している必要があります。
画面下部の『保存済み』タブから選択可能です。

投稿選択画面
投稿選択画面

5.投稿を選び終わったら、まとめのタイトルとカバー写真、まとめの内容を設定します。
カバー写真はデフォルトの場合、最初に選択した投稿の画像になっていますが、自身の投稿や保存済み投稿から他の画像をカバー写真として選択・変更することも可能です。

まとめ作成画面
まとめ作成画面

6.下にスクロールし、投稿ごとにタイトルを追加します。
また、投稿の内容を記入することもできますが、こちらは任意入力です。
この画面では、選択した投稿を並び替えることや投稿を追加することもできます。

7.すべての投稿のタイトルを付けたら、右上の『次へ』をタップします。

8.シェア画面に遷移したら、プレビューでまとめがどのように表示されるかを確認し、問題なければ『シェア』をタップして作成完了です。
下書きとして保存しておくこともできます。

作成したまとめをシェアする方法

まとめをインスタグラム上でシェアするときは、プロフィール画面からまとめ機能タブを開き、シェアしたいまとめをタップします。
右上に表示される紙飛行機のようなアイコンをタップすると、ストーリーズへの投稿や任意のユーザーへのDMでシェアできます。

また、インスタグラム以外でシェアする場合は、紙飛行機アイコンの右隣にある『…』マークをタップし、『シェア』または『リンクをコピー』をタップして任意の方法でシェアしましょう。

作成したまとめを削除・編集する方法

まとめページの『…』マークをタップし、『まとめを削除』または『まとめを編集』をタップすることで削除や編集ができます。

インスタのまとめ機能が出てこない・作成できない場合

2020年9月11日に実装されたばかりのまとめ機能は、アカウントによってはまだ使えない人もいるようです。

自分のインスタグラムでまとめ機能が使えない場合は、アプリのアップデートをやってみましょう。

それでも対応できないようであれば、まだ機能が解放されていないユーザーである可能性があります。
インスタグラムの新機能追加は段階的に行われることが多いため、アップデートをしても使えない場合は、しばらく待つしかありません。

インスタのまとめ機能の活用事例

リリースされたばかりのまとめ機能は、まだまだ活用している企業が少ないのが現状です。
以下で紹介する企業のように、まとめ機能をいち早く取り入れ、ユーザーへアプローチしましょう。

1つ目のまとめ機能活用事例は、雑誌『JJ』のオフィシャルアカウントです。
雑誌のようにおすすめコーデを紹介していたり、表紙のリールをまとめていたりと、読者に向けたまとめを作成しています。

まとめ機能活用例1
【引用】JJ公式Instagram

2つ目の事例は『任天堂』です。
様々なゲームを発信している任天堂では、『どうぶつの森』や『ピクミン』など各ゲームに関連する投稿のまとめを作成しています。
例えば『どうぶつの森』のまとめでは、発売している関連グッズや、ゲーム内でのイベント投稿をまとめています。

まとめ

インスタグラムのまとめ機能は、ブランド理解を促進させたり、商品を効果的にアピールするのにうってつけの機能です。
まとめを作成・投稿した後も、編集ボタンからすぐに投稿の追加や削除、内容の修正ができるため、こまめに更新してユーザーを飽きさせない工夫も大事かもしれませんね。

より有益にビジネスで活用したい場合は、インスタグラムの運用代行会社に相談してみることをおすすめします。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です