インスタライブの事例9選!他企業の配信に学ぶIGライブの活用方法

インスタライブの成功事例

今後日本でも市場の拡大が予測されるライブコマース市場。
マクロミルの調査によると、今後の利用意向について約85%のユーザーが「今後もライブ配信を視聴し、買い物をすると思う」と答えています。
【参考】MarkeZineニュース

いくつかライブ配信媒体がある中で、Instagram Live(インスタライブ)は視聴者を囲いやすく、ショッピング機能やバッジ機能との掛け合わせが可能です。
インスタライブを活用することで、企業はユーザーとコミュニケーションを取りながら集客や販促を行うことができます。

今回は、インスタライブを活用したいくつかの企業事例を紹介します。

インスタライブとは?配信手順やコラボのやり方、終了後のシェア方法などまとめ

伊勢丹グルメ|百貨店の食品フロア

伊勢丹グルメ|百貨店の食品フロア
【引用】販促会議

百貨店の三越伊勢丹が、同社の食品フロアである伊勢丹グルメのInstagramアカウント @isetan_gourmet にて、2019年10月30日~11月4日に開催された催事『英国展』のインスタライブを実施した事例です。
初日の夕方に約1時間の配信を行い、通販番組で活躍するMC2名と伊勢丹新宿店の若手バイヤーが会場内で商品の実物を紹介しました。

開店時間中に移動しながら、来日したイギリス人シェフなどを交えつつ撮影したことで、会場の高揚感を伝えることに成功し、以下のような成果につながりました。

  • リアルタイム視聴者数:8500人(目標5000人)
  • 英国展のサイトPV数:前年比約120%
  • 催事全体での売り上げ:前年比約110%

Ameri VINTAGE|セレクトショップ

ファッションブロガー黒石奈央子さんが立ち上げたレディースセレクトショップAmeri VINTAGE(アメリヴィンテージ)のInstagramアカウント @amerivintage では、月に2〜5回ほどライブ配信が行われています。
Ameri VINTAGEは立ち上げから5年で売上高30億円を叩き出しており、「Instagramの使い方が非常にお手本になる」と業界内でも話題です。

インスタライブの内容は新商品やおすすめアイテムの紹介、シーン別や身長別の着回しコーデ紹介などで、フィード投稿に導入されているショッピング機能により、投稿から気に入った商品を購入する導線が敷かれています。

同アカウントのインスタライブで見習いたいポイントは下記です。

  • アイテムの着用者の身長を必ず言う
  • 発売日や素材、合わせ方などを詳細に&テンポよく説明している
  • コメントに柔軟に対応している
  • 複数人のスタッフが入れ替わりで着替えてアイテムを紹介している
  • インスタライブの告知をフィード投稿やストーリーズで行っている

これらの施策により、視聴者を集め、ユーザーが実際にアイテムを着用したときのイメージや購入方法を分かりやすく伝えることに成功しています。

LOWYA|インテリアブランド

家具や雑貨を販売しているインテリアショップLOWYA(ロウヤ)のInstagramアカウント @lowya_official では、週に1回インスタライブが行われています。
ほとんどの配信が18時からスタートされており、毎回同じ時間に配信することで、視聴者の囲い込みに成功しています。

インスタライブでは、新商品や人気商品について写真だけでは伝わらない使用感や商品詳細を紹介していたり、お部屋のコーディネートを提案しているほか、

  • LOWYAスタイリストへのコーディネート質問会
  • フォロワー50万人達成記念LIVE(スタイリストによるベストアイテム紹介)
  • 撮影現場の裏側リポート

など、面白い企画もあり、思わず参加したくなるライブ配信になっています。

この投稿をInstagramで見る

. 本日もインスタLIVEを ご覧いただきありがとうございます😌 . 本日のインスタLIVEでのご紹介商品はこちらでご覧になれます👏🌿 ぜひ覗いてみてください😆💕 . . IGTVをチェック👀👉 #lowyalive_1109 #LOWYA#ロウヤ ▼詳しくはプロフィールへ▼ ——– @lowya_official のURLをCHECK!! . ———————————————– #インスタライブ商品 #インテリアコーディネート #一人暮らし #一人暮らしインテリア #ひとり暮らし #ひとり暮らしインテリア #女子部屋 #女子部屋インテリア #インテリアスタイリスト #一人暮らし部屋 #部屋 #ひとり暮らし部屋 #マイルーム #部屋作り #ルームツアー #お部屋作り #部屋の模様替え #賃貸インテリア #マンションインテリア #インテリア好き #ライフスタイルショップ #ワンルームインテリア #インテリア #賃貸暮らし

LOWYA(ロウヤ) | インテリア | 家具(@lowya_official)がシェアした投稿 –

ライブ配信後には、フィード投稿で”ライブで紹介した商品のまとめ”がアップされ、投稿内の商品をタップすることでECサイトに遷移して購入できる導線が敷かれています。

COHINA|小柄女性向けD2Cブランド

創業1年半で月商5000万円を達成した身長155㎝以下の小柄女性向けのアパレルブランドCOHINA(コヒナ)のInstagramアカウント @cohina.official では、365日…毎日(!)インスタライブが配信されています。
一度の配信で最高200万円ほどの売り上げがあったこともあるそうで、リアルタイムで200人、アーカイブで5000人〜7000人ほどのユーザーが視聴してくれているとのこと。

COHINAでは「お客様は友達であり、仲間である」というスタンスでSNSを運用されており、商品紹介に加え、

  • 福袋発売までのカウントダウン
  • お客様と一緒にカラーや商品名を決めたりする企画ライブ

など、ユーザーの熱量を高めるようなインスタライブを配信しています。

COHINAのインスタライブに出演しているのは、モデルではなく、リアル感が伝わる身長155cm以下の主婦や会社員など一般の方々。
身長だけでなく体型や生活スタイルの近い人など、ユーザーが共感できる人が出演している点がポイントです。

また、新商品を出す前には商品をちら見せして反応を見たり、人気商品やトレンドのリアルタイムな声を集めたりしてインスタライブを活用しています。
一方的に発信するだけでなく、双方向のコミュニケーションを取るツールとして役立つのが、インスタライブなんですね。

fifth|ファッション通販サイト

ハイビジュアル・低価格で洋服や靴、アクセサリーを提供しているfifth(フィフス)のInstagramアカウント @fifth_store では、インスタライブをIGTVにアップしており、1配信につき少なくとも平均5万以上の再生回数を達成しています。

Instagramのフォロワー数は、3年前は8万人ほどから2020年11月現在は90万人を突破しており、その要因のひとつがインスタライブです。
リアルタイムの視聴者数が19000UUに及ぶこともあり、配信から24時間で1800万円を売り上げたこともあります。
週2~3回ほど商品の着用風景などが配信されており、「fifthのインスタライブを見るのが日課」というユーザーも多いです。

fifthのライブ配信に出演するのは著名なインフルエンサーではなく、商品部として勤務している社員。
販売のプロではないスタッフが商品を紹介することで、リアルな情報を”盛る”ことなく伝えられている点が人気コンテンツとなった所以なのではないでしょうか。

Snow Peak|アウトドアブランド

キャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランドSnow Peak(スノーピーク)のInstagramアカウント @snowpeak_official では、購買につなげるようなアイテム紹介のインスタライブだけでなく、ブランドストーリーや商品への思い入れなどを伝え、親しみを感じさせるような配信を行なっています。

例えば、ステイホーム期間中は『おうちでスノーピーク。』というテーマで自宅キャンプ・お家キャンプのアイディアを商品とともに紹介していました。
また、代表取締役や経営層が焚き火を囲みながら顧客へのメッセージを語ったり、スタッフが商品開発秘話を話したりする配信しています。

そのほか、キャンプ初心者向けにテントやタープの張り方を実演するオンライン設営講習もインスタライブ上で開催しています。

NICE CLAUP|アパレルブランド

NICE CLAUP|アパレルブランド
【引用】】NICECLAUP公式Instagramアカウント

ガーリーなアパレルアイテムを提供しているNICE CLAUP(ナイスクラップ)のInstagramアカウント @niceclaup_official_ では、ショップ店員が商品の紹介やアイテムの使い方をインスタライブで配信しています。

リアルタイムUU数450、PV6000以上を達成しており、30分のライブ配信で50万円の売り上げ→3配信で150万円越えの売り上げを出したこともあるようです。

NICE CLAUPのショップ店員がアイテム以外の配信、例えばメイクやトレーニングの様子も配信することで、ユーザーを飽きさせず、ファン化を図っています。

to/one|メイクアップブランド

マッシュビューティーラボが手掛けるナチュラル&オーガニックメイクアップブランドto/one(トーン)のInstagramアカウント @toonecosmetics では、新型コロナウイルスの影響で実店舗が休業していた間にインスタライブをスタートさせました。
積極的に配信し、急速にフォロワーを獲得したことで、4~6月のEC売り上げが前年比12倍になった実績があります。

多くのブランドがZoomやYouTubeで行うコレクションのプレス向け発表会を、同ブランドはインスタグラムライブで行い好評を博しました。

新商品紹介や発売カウントダウンのほか、店舗スタッフのおすすめメイクを紹介したり、スキンケアトレーナーやメイクアップトレーナーがノウハウを伝授したりしています。

reI’m|丸山礼オリジナルファッションブランド

ものまね・お笑いタレント丸山礼さんのオリジナルブランドreI’m(リアイム)の事例では、丸山さん自身が発売日の夜にインスタライブで商品紹介と質問への回答を行いました。

ZOZOのD2C事業「YOUR BRAND PROJECT Powered by ZOZO」で生まれた商品で、全7型のうち3型が販売開始から約4時間で完売しています。
同ライブ内で完売アイテムの再販告知を発表し、約30分間の配信中にその再販分も完売するほど盛り上がりました。

まとめ

インスタライブでは、新商品の発表やイベントの案内、オンラインイベントの開催、他企業とのコラボなどさまざまな施策を行えます。
無料でライブ配信を行えること、双方向のコミュニケーションを取れることがポイントです。

Instagramを活用してユーザーとのコミュニケーションを図り、情報発信していきましょう。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です