インスタグラムでファンを獲得・増やすには?施策やメリット、成功事例やNG行為を紹介

インスタグラム ファン アイキャッチ

売上の増加や安定につながる『ファンマーケティング』をインスタグラムでも行っている企業が増えています。
ファンマーケティングを行ううえで、インスタグラムのコメントやDM、ストーリーズなどの機能は非常に効果的です。

本記事では、インスタグラムでファンを獲得するメリットやポイント、企業アカウントの成功事例、NG行為などを紹介します。

ファンマーケティングとは

ファンマーケティングとは、ファンと密接なコミュニケーションを取ることで、より商品やサービスに対し愛着を持ってもらい、継続的な購買・利用に繋げることが目的のマーケティング方法です。

ファンマーケティングのターゲットは、ブランドやサービスの一部のコアなファン
従来のマーケティング手法とは一線を画します。

ファンの重要性・ファンマーケティングのメリット

ファンマーケティングを行い、ファンの心をしっかりと掴むことによって、競合他社への乗り換えを防ぎ、売上の安定を図ることが可能になります。

さらにファンが自発的に発信する「この商品、使いやすいよ!」「今まで食べた○○の中で一番美味しかった」などの質の高い口コミは、ほかの消費者の購買意欲を高め、新たなファンの獲得にもつながります

ファンマーケティングのメリットまとめ
  • 競合他社への乗り換え阻止
  • 売上の安定化
  • PR効果の最大化
  • 口コミによる新たなファン獲得

ファンマーケティングのステップと必要なこと

ファンマーケティングを行う上で知っておきたいのが、『パレートの法則』。
別名『80:20の法則』や『ばらつきの法則』とも呼ばれます。

イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが発見した統計モデルで、全体の数値を決定づけるものは、一部の要素だとする考え方です。

この統計モデルをビジネスに当てはめて、『売上の8割は2割のファンがもたらしている』という考えが、ファンマーケティングの根幹にはあります。
つまりファンマーケティングに必要なことは、2割のコアなファンの心を掴んで離さない施策です。

ファンマーケティングに効果的な施策
  • ファンのニーズに寄り添った情報発信
  • イベントや各種SNSにおけるファンとの交流
  • ファン同士が交流できるコミュニティの作成

例えば、ファストファッションブランドのH&M Japanでは『ファンのニーズに寄り添った情報発信』を実際に行っています。

ファンマーケティングに力をいれるべく、同社では新しい会員プログラムをリリース。
顧客属性や購買データといった会員データに基づき、必要な情報だけをメールで送信するといった方法をとり、ユーザーのニーズに応えています。

【参考】熱狂的な“ファン”を育てる「ファンマーケティング」のコツ–よなよなエールやH&Mが語る – CNET Japan

インスタグラムにおけるファンマーケティング

インスタグラムでは、ファンマーケティングに欠かせない、情報発信・ファンとの交流・独自のコミュニティの作成を手軽に行えるSNSです。

フォロワー≠ファン?どんなユーザーがファンなのか

まず認識しておきたい点は、『フォロワーが必ずしもファンであるとは言えない』ということ。

何となくフォローしてみたものの、投稿をほとんど見ていないフォロワーやアクションを行わないフォロワー、そもそもアクティブユーザーでないフォロワーなどは、ファンとは言えません。
そのアカウント・ブランドのファンであれば、投稿に対しいいねやコメント、シェアなどのアクションを行い、積極的なコミュニケーションを取るはずです。

熱量の高いファンを集めることができていれば、新商品の発表時やイベントのPR時など、発信に対して適切な効果が得られるでしょう。

フォロワーの中にファンユーザーが多い場合は、フォロワー数に対するいいね数などのエンゲージメント率が高くなります。
一度、インサイト機能などを活用して、自社アカウントでファンマーケティングを行えているか?ただフォロワーが多いだけのアカウントになっていないか?などを確認してみるとよいでしょう。

インサイトのアイキャッチ画像

インスタグラムのインサイト機能とは?データの種類や見方、分析方法を解説!

ポイントはエンゲージメント

ファンマーケティングで意識したいことは、エンゲージメントの高さです。

エンゲージメントとは…
フィード投稿やストーリーズ、リールなどのコンテンツに対する、いいね!やコメント、保存やシェアなどのユーザーの反応のこと

投稿に対して反応をくれるということは、投稿を熱心に見てくれている・楽しみにしているユーザーである可能性が高いです。
つまり投稿に何らかのアクションをくれるフォロワーは、インスタグラムにおけるファンといえるでしょう。

インスタグラムのアルゴリズムでは、エンゲージメントの高い投稿が上位表示されるようになっているため、既存ファンからのアクションを意識した投稿は、結果的に新規フォロワーの獲得にも繋がります。

エンゲージメントを下げるNG行為

インスタグラムでは、次のようなNG行為がエンゲージメントを下げてしまう要因となります。

  • インスタグラムの規約に違反する投稿(差別表現や著作権を侵害する投稿など)
    →投稿に規制がかかり、ほかのユーザーの画面に表示されなくなる
  • 外部アプリの使用(自動でいいね!やフォローができるアプリなど)
    →一定時間内の過度のいいね!やフォローは、ペナルティの対象となる

インスタグラムでファンを獲得する施策

インスタグラムでファンを獲得するための施策として、次の5つを紹介します。

  • コンセプトの設計
  • ストーリーズの活用
  • フォロワーとのコミュニケーション
  • 成長過程の発信
  • ハッシュタグキャンペーン

コンセプトの設計

コンセプトの設計は、ファンマーケティングの肝ともいえる重要なステップです。
ターゲットを設定した上で、どのような情報をアカウントで発信していくかを明確にしましょう

コンセプトや発信内容が決定したら、プロフィールの自己紹介欄に「どんなアカウントで何を投稿しているのか」といった情報を記入することもおすすめします。

【企業向け】Instagramプロフィールの項目や編集方法、他社事例やポイントまとめ+サムネイル

【企業向け】Instagramプロフィールの項目や編集方法、他社事例やポイントまとめ

ストーリーズの活用

ストーリーズは、フィード投稿よりも、気軽に投稿できることが魅力。
制作風景や日常など、些細なことまでまめに発信することで、親近感を感じてもらえます。

またアカウントの投稿が頻繁にタイムラインに表示されることで、単純接触効果も期待できます。

ストーリーズの『投票(アンケート)機能』や『質問スタンプ機能』を使用し、フォロワーと積極的なコミュニケーションを取っていきましょう。
ユーザーからのアクションが集まると、アルゴリズムで優遇されやすくなります。

インスタグラムのアルゴリズムとは?仕組みや各配置場所の表示順を理解して運用に活かそう

フォロワーとのコミュニケーション

エンゲージメントを高めるために、またアカウントへの熱量を高めてもらうために、意識的にフォロワーと交流をしていきましょう。

例:コメントやDMに返信する/新しくフォローしてくれたアカウントの投稿にいいね!をする

企業アカウントはどうしても一方的な情報発信になりがちなため、インタラクティブなアカウントはそれだけでプラスの印象を与えることができます。

成長過程の発信

投稿を継続していく内に、自然と写真の撮影・加工が上手になったり、キャプション内の文章の書き方も安定していったりするもの。
新規ユーザーがフィード投稿をさかぼって、昔と今の投稿の変化がわかると、「フォロワー獲得のために試行錯誤をしたんだな」という印象を与えることができます。

また現在進行形で、ファンとともに会社・ブランドとして成長していく様子を発信するのもおすすめ。

155cm以下の小柄女性向けのアパレルD2Cブランド『COHINA(コヒナ)』が、非常に良い成功例です。

現在(2021年1月時点)でフォロワー16万人を突破しているCOHINAでは、実際に商品を購入したユーザーの声を積極的に募集し、商品開発に役立てています。
過去には、インスタライブ上でのコメントから商品化に至ったこともあるそうです。

企業アカウントであるからといって、常に完璧な投稿をする必要はありません。
ファンと一緒になってブランドやアカウントを成長させていくことで、自分ごと化してもらいやすくなり、ファンの心をがっちりと掴むことができて効果的です。

ハッシュタグキャンペーン

定期的に、ハッシュタグキャンペーンを行うこともおすすめです。

「#○○というハッシュタグをつけて投稿してね」といったように、特定のタグ付けを促し、抽選でプレゼントがあたるキャンペーンを開催。
さらに第2回・第3回…と、定期的に開催すると、フォロワーのわくわく感や熱量を持続させることができます。

インスタグラムでファンづくりに成功している事例

最後に、インスタグラムでファンづくりに成功している企業アカウントを3つ紹介します。

ヤッホーブルーイング|ファンとの交流を楽しむ!ファンマーケティングの代名詞

ヤッホーブルーイングは、日本のクラフトビールメーカーです。

代表作『よなよなエール』を入り口に、ファンマーケティングに成功。
過去には倒産の危機から立ち直ったという歴史があり、とくかくファンを大切にしている会社です。

ヤッホーブルーイングのインスタグラムアカウントの特徴は、ファンとの交流が盛んなこと。
投稿へのコメントには丁寧に返信し、返信コメントの方が長くなることもしばしばです。

ほかにも、タグ付けされた投稿をリポストしたり、プレゼントキャンペーンを行ったり…。
過去には、復活販売する商品をユーザーに決めてもらうキャンペーンも開催されました。

サッポロ一番|ファンの心をくすぐる巧みなキャンペーン

サッポロ一番では、「あなたのサッポロ一番への偏愛を教えてください」と呼びかけ、サッポロ一番のアレンジや食べかたのこだわりをシェアしてもらうキャンペーンを開催。

『偏愛賞』と題して、ファンのアレンジメニューを紹介しています。

公式アカウントから、お気に入りの食べ方のお墨付きをもらえるなんて、ファンにはたまらない企画ですよね。

さらに『#偏愛サッポロ一番』というタグ付けを促しているため、賞を受賞したアレンジメニュー以外にも、さまざまなアレンジメニューをハッシュタグから見つけることができる楽しい企画となっています。

GRL|かわいい撮影の裏側を発信!

GRL(グレイル)は、低価格ながらもトレンド感のあるアイテムが手に入ると、若年層を中心に人気のECサイトです。
一部商品の着用モデルには、人気のタレントが起用され、即完売するなど特に人気の商品となります。

そんなGRLのインスタグラムアカウントでは、人気タレントの撮影風景がリールにまとめられ、好きなモデル・アイドルが出演するストーリーズを、まとめて見ることができるようになっています。

撮影風景はどのシーンも可愛らしく、「はやく○○ちゃんと同じ服が着てみたい!」とファンのわくわく感を高めてくれる効果的な方法です。

まとめ

今回は、インスタグラムでのファンを獲得するための施策を中心に、ファンマーケティングのメリットやポイントを解説しました。

インスタグラムでは、常にファンの気持ちに寄り添った投稿やアクションを続けることが大切です。
ファンの目線に立って、「どのような投稿・アクションをされたら嬉しいかな?」と考えながら施策を行ってみて下さい。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です