インスタのビジネスアカウント(プロアカウント)への切り替え方法や機能まとめ

個人も企業も多くの人が利用し、もはやSNSマーケティングに当たり前のように利用されているインスタグラム。
中でもビジネスアカウントは、投稿の分析ができたり、広告が出せたりと、マーケティングには非常に有効なツールとして利用されています。

本記事では、そんなビジネスアカウントのイロハや使える機能、一般アカウントからの切り替え方法をご紹介します。

インスタグラムのプロアカウント(旧:ビジネスアカウント)とは

インスタグラムのプロアカウント(ビジネスアカウント)とは、企業や団体がアカウントを利用する際に宣伝や分析などの便利な機能を使うことのできるアカウントのことを指します。

一般アカウントとの違い

一般アカウントとの違いは、プロアカウントでしか使えないインスタグラムマーケティング向けの機能を利用できることです。
詳細は後述しますが、たとえばアカウントのフォロワー属性やインプレッション数を分析したり、広告を出すことができるようになります。

また、DMの使い方やプロフィールに表示できる項目も一般アカウントとは異なります。

プロアカウントの種類

プロアカウント2020年11月現在、個人向けのクリエイターアカウントと、企業向けのビジネスアカウントの2種類に分けられます。

  • クリエイターアカウント

主にインフルエンサーや芸能人、起業家などが利用する、個人向けのアカウントです。
クリエイターアカウントの最大の特徴は、投稿したコンテンツに対して広告主から報酬を受け取ることができる点、ブランドコンテンツを作成できる点です。

ブランドコンテンツとは

インスタグラムの広告形式のひとつで、商品の投稿を広告(PR)として配信するインフルエンサーの投稿を指します。

  • ビジネスアカウント

主に企業やお店などが利用する、団体向けのアカウントです。
ビジネスアカウントの機能の詳細は後述します。

インスタグラムのプロアカウント(ビジネスアカウント)の機能

一般アカウントとプロアカウントビジネスアカウントは異なるものであることがわかりました。
次に、プロアカウントで出来ることや機能について解説します。

プロアカウント特有の機能
  • カテゴリ
  • ビジネスプロフィール
  • インサイト
  • DMのフォルダ分け
  • インスタグラム広告
  • ショッピング機能

カテゴリ

カテゴリとは、プロフィールのアカウント名の下に表示させることのできる肩書きのことです。
カテゴリは、クリエイターアカウントとビジネスアカウントで異なります。

クリエイターアカウントのカテゴリ(41種類)

『DJ』『Fitness Trainer』『アーティスト』『インテリアデザインスタジオ』『ウェブデザイナー』『グラフィックデザイナー』『ゲーマー』『ゲーム動画クリエイター』『コメディアン』『コンサートツアー』『シェフ』『ジャーナリスト』『スポーツ選手』『ダンサー』『デザイナー』『デジタルクリエイター』『ニュース司会者』『ファッションデザイナー』『ファッションモデル』『フィットネスモデル』『ブロガー』『プロデューサー』『ミュージシャン・バンド』『モチベーショナルスピーカー』『ライター』『映画の登場人物』『映画監督』『音楽家・ミュージシャン』『科学者』『監督・コーチ』『起業家』『建築デザイナー』『公人・著名人』『写真家・フォトグラファー』『政治家』『政治関係者』『動画クリエイター』『俳優』『編集者』『立候補者』

ビジネスアカウントのカテゴリ(7種類)

『個人ブログ』『商品・サービス』『芸術・技術』『ミュージシャン・バンド』『ショッピング・小売り』『健康・美容』『食料品店』

カテゴリには、どのような種類のアカウントを分かりやすく明示できるというメリットがあります。

ビジネスプロフィール

プロアカウントの場合、プロフィールにメールアドレスや住所、電話番号を設定することができます。

一般アカウントでは、インスタグラム上での連絡やコミュニケーションはDMがメインとなります。
プロアカウントでは、連絡先を表示することによって顧客とのコンタクトをより多くの手段で気軽におこなうことができ、入り口を増やすことでユーザーに利用してもらいやすくすることが可能です。

ショッピング機能と連動させ、ECサイトへの誘導ボタン(『ショップを見る(View Shop)』)を設置することもできます。

ビジネスプロフィール
プロアカウントの例(@UNIQLO Global

インサイト

インサイトとは、フォロワーの年齢層や性別などのユーザーデータや、各投稿へのインプレッション数やリーチ数を確認できる、インスタグラムアプリ公式の数値分析機能です。
「どのような投稿がよく見られているのか?」「どんなユーザーに見られているのか?」を簡単に確認することができるため、インスタグラムの運用とマーケティングの連動に非常に役立ちます。
投稿内容や運用方法の改善につなげることもできるでしょう。

インサイト-1
投稿のインサイト
インサイト-2
アカウントのインサイト

DM(メッセージ)のフォルダ分け

一般アカウントからプロアカウントに移行すると、DMの受信先を『メイン』と『一般』の2つのフォルダーに分けることができるようになります。
メッセージを一度どちらかのフォルダーに振り分けると、次回同じユーザーから届いたメッセージは同じフォルダーにて受信されます。

DM(メッセージ)のフォルダ分け
プロアカウントのDMボックス

この2つのフォルダーは受信通知設定が異なります。

  • メインフォルダー:メッセージが届いた際に通知を受け取ることができます。
  • 一般フォルダー:デフォルトではメッセージが届いても通知は来ません。メインの通知がオンになっている場合は、一般フォルダーの通知をオンに変更することも可能です。

インスタグラム広告

プロアカウントでは、インスタグラム広告を出すことができます。
インスタグラムは広告の種類やフォームがさまざまで、詳細なターゲット設定ができるため、さまざまな方法で適切なユーザーにアプローチすることが可能です。

  • フィード広告

通常投稿による広告の出稿です。
商品やサービスの購入に繋がりそうなユーザーのタイムラインを広告配信ターゲットに設定し、自身のアカウントや自社の商品に関する投稿を表示させることができます。

フィード広告
フィード広告
  • ストーリーズ広告

インスタグラムのストーリーズを利用した広告です。
ユーザーがストーリーズを再生している際、フォローしているユーザーのストーリーズの合間に表示させることができます。

ストーリーズ広告
ストーリーズ広告

ショッピング機能(ShopNow)

プロアカウントの特徴的な機能のひとつが、ショッピング機能です。
フィード投稿に商品を掲載し、商品名と値段が表示されたタグを画像に貼り付けることができます。

ショッピング機能-1
ショッピング機能 タグ

タグをタップすると、下記画像のように、そのアイテムの詳細やコーディネート写真を表示させられます。
『ウェブサイトで見る』という青いボタンをタップすると、ECサイトに遷移します。

ショッピング機能-2

また、画像左下の『商品を見る(買い物カゴマーク)』をタップすると、その投稿に紐づいている商品を一覧表示させることができます。

ショッピング機能-3
関連商品

インスタグラム上で、投稿写真に表示されているアイテムの詳細や関連商品を表示させることで、購買意欲を高めることができ、ユーザーも違うアプリ・サイトを行き来せずにスムーズに買い物を楽しむことができます。
また、ECサイトへのアクセスを促すことで、その商品の購入や別の商品の購入につなげることが可能です。

プロアカウント(ビジネスアカウント)への切り替え方法

プロアカウントへの切り替え方法は、クリエイターアカウントとビジネスアカウントで少し異なります。
以下でそれぞれ説明します。

クリエイターアカウント・ビジネスアカウント共通の手順

1.イプロフィール画面の右上に表示されているハンバーガーメニューをタップし、『設定』を選択します。

クリエイターアカウント・ビジネスアカウント共通の手順−1
ハンバーガーメニューと設定ボタン

2.『アカウント』ボタンをタップします。

クリエイターアカウント・ビジネスアカウント共通の手順-2
アカウントボタン

3.1番下の方にある『プロアカウントに切り替える』というボタンをタップします。

クリエイターアカウント・ビジネスアカウント共通の手順-3
プロアカウントに切り替える

4.ここからの操作はクリエイターアカウントとビジネスアカウントで分かれます。
『クリエイター』or『ビジネス』のどちらかを選択して、次に進みましょう。

クリエイターアカウント・ビジネスアカウント共通の手順-4
アカウント選択画面

クリエイターアカウントの場合の操作

1.アカウント選択画面でクリエイターの方(上)をタップします。

2.カテゴリーを選択する画面に移動します。
自分のアカウントに適したカテゴリーを選択したら、クリエイターアカウントの設定完了です。

クリエイターアカウントの場合の操作
カテゴリー選択

ビジネスアカウントの場合の操作

1.アカウント選択場面で、ビジネスの方(下)をタップします。

2.クリエイターアカウントと同じようにカテゴリーを選択します。

ビジネスアカウントの場合の操作-1
カテゴリー選択

3.連絡先を設定できる画面に遷移します。
企業や店舗のお問い合わせメールアドレスや電話番号、住所を入力してください。

ビジネスアカウントの場合の操作-2
連絡先設定

4.Facebookページと連動させるかどうかを選択できる画面に遷移します。
連携させておくと、両SNSのアクセス数増加に繋がり、また同時に投稿(クロスポスト)することも可能です。

ビジネスアカウントの場合の操作-3
Facebookアカウント選択

まとめ

今回は、インスタグラムのプロアカウント(ビジネスアカウント)について、概要や機能、一般アカウントからの切り替え方法などを紹介しました。
プロアカウントを活用して、ぜひSNSマーケティングに役立ててみてください。

インスタグラムをよりマーケティングに活用したい場合、SNS運用代行会社に依頼することもおすすめします。

スマートフォンの写真

【業者比較】インスタグラム運用代行会社14選!費用や選び方と合わせて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です